2017年04月04日

既製品の老眼鏡は眼によくない?


 皆さんは既製品の老眼鏡を買われたことはありますか?
既製品の老眼鏡はデザインも多種多様で、業態に関わらず様々なお店で
販売しているため、買われたことがある方も多いかと思います。

「自宅に老眼鏡を忘れてきた」など、臨時に必要のときは既製の
老眼鏡は手に入りやすく、短時間の使用なら便利にお使いになれますが
必ずしも使用する方の眼に合っているというわけではありませんので、
長時間の使用はしにくいかと思います。

既製品の老眼鏡が眼に合わない理由としては、大まかに分けて三つ
あります。
@左右のレンズの度数が同じであること
  ほとんどの方は検眼をしてみると左右の眼の度数が違います。
 そのため、仮に度数が片方の眼に合っていても、もう片方の眼は合って
 いない場合が多いです。

Aレンズの中心が眼に合っていないこと
  眼鏡は視線のズレなど特殊な場合を除き、一番良く見えるレンズの
 中心が黒眼の中心にくるようにしてお作りします。
  人それぞれ眼の位置は異なりますので、快適な見え具合をお求めの方
 は、既製品では十分に補いきれません。

B乱視が矯正されていないこと
  乱視がある方には、鮮明な視界が望めません。

また、眼に合わない眼鏡を長時間使用すると、眼精疲労をまねく恐れも
あります。

 カナイメガネでは既製の老眼鏡も販売しておりますが、ご希望があれば
視力検査をさせていただき、お客様の眼に合った近用眼鏡を
お作りいたします。
一番お求め易い価格で、フレームとレンズ込みで12,960円より
販売しております。

今お使いの老眼鏡が「見えにくい」「もっと見やすくなりたい」など
ご不満な点がありましたらぜひ一度ご相談ください。
posted by カナイメガネ at 16:23| 新着情報