2016年04月22日

レンズのお手入れ


メガネを掛けていると、砂や埃がついたり、いつの間にか触ってしまい
指紋がついて、気になる・見えにくくなるときはございませんか?

今主流となっているプラスチックレンズは、軽くて割れにくいという
長所の反面、ガラスと比べると素材が柔らかいため、キズに強い
表面処理がしてあるレンズでも、レンズの拭き方次第でキズが付くことが
あります。

レンズの拭きでキズをつけてしまう原因は「乾拭き」です。
細かい粒子などがレンズに付いたまま、汚れを落とそうと強くレンズ拭きで
拭いてしまうと、レンズに粒子を押し付けてしまうため、キズをつける
原因になります。

レンズは水(またはぬるま湯)でよく洗い、ティッシュペーパーなどで
水気をとり、きれいなレンズ拭きで拭くのが良いお手入れの仕方です。
油汚れなど水だけでは落ちない場合は、台所にある中性洗剤を薄めた液で
洗い、水でよく洗剤を流して同様に拭いてください。

石鹸やハンドソープなどのアルカリ系の洗剤はレンズの表面を傷める
ため、使用しないように注意してください。

DSC_0259.JPG

ほとんどの眼鏡店ではメガネをお買い上げの方にお手入れの仕方などが
載っている冊子をお付けしていると思います。
ぜひ参考にしていただき、快適なメガネライフを送りましょう♪

posted by カナイメガネ at 15:00| こだわり