2021年08月17日

セットフレームに特価品入荷!



セットフレームに、

国産婦人フレーム入荷しました。目

24ACF76B-BECF-4AA9-A337-1A8DA5E63685.jpeg

レンズとフレームあわせての値段で
13200円と大変お買い得な商品

なのですが、

そのセットフレームとして出すには惜しい
とても良い商品です。眼鏡
本当はフレーム単体のお値段で出したいです


特価でなければフレームのみの価格で
20000円以上はするフレームですが
今回、特別価格でお出しいたします!

D6F4D3F9-FA88-48E2-B567-395F75251EA1.jpeg

チタンを使用しているので
軽くて丈夫なつくりになっています。


シンプルながらも彫りがデザインされていますので、
シンプルすぎず派手すぎずで顔になじみやすい
デザインになっています!

26527E0C-1F95-4CFE-AFBF-759C007BA781.jpeg

カラーは、ピンク、オレンジ、ネイビーの3色です!

これほど良い商品が入ってくることはなかなかありませんので
この機会に是非!

現品のみとなっていますので、お早めにお求めください!

ご来店お待ちしております。


posted by カナイメガネ at 17:00| 新着情報

2021年08月13日

視力検査のハテナ 【気球】


目の検査でこういったもの見ることありませんか?目

1BD58F49-07E9-486E-8441-DB60D6EC090F.jpeg

そうです!目の検査で最初に行う気球を見る検査です!

何をしているんだろうと思いますよね!

実は気球を見ている間に色んなことを調べているのです!

C7E89BD9-D502-4DB0-A89B-F140AA806FC0.jpeg

あの気球が見える器械は、「オートレフケラトメーター」といいます。
通称は「オートレフ」です。
オートレフに顎を乗せ覗き込んで見える気球、
最初はぼやけていますが調整されて、だんだんと綺麗に見えていきます。
実はこの作業、瞳のピントが合う瞬間を探っているのです。

オートレフは、この数秒の作業の間に
屈折力や
遠視、近視、乱視など

様々な目の検査を自動的に行うことが出来るすごい器械なのです。


なぜ気球を見るのでしょうか?
それは、遠くにある気球の画像を使うことによって
眼の調節が自然と遠くへと向かい、
真っすぐ真ん中を見た状態で検査を行うことが出来るからです。

通常、私たちの眼は遠くを見る時は水晶体を薄くし、
近くを見る時は水晶体を厚くするという調整を行いながら
絶えずピントを合わせています。
オートレフでの検査中、
この調整機能が働いていると正確な検査結果が得られなくなります。
なので、遠くを一点見ている状態が検査に良い状態といえます。


オートレフが出した値は、あくまで参考なので
それだけでメガネのレンズの度数を決めてしまうことはありません。

オートレフの数値から参考に
しっかりと検査をして
最適な度数のご提案をさせていただきます。


見え方に不安がある方等、
当店で目の検査はもちろん、
当店で検査して視力が出にくい場合でも
眼科さんへのご紹介をしています。

気兼ねなくご相談下さい。
ご来店お待ちしております。

posted by カナイメガネ at 13:00| 新着情報

2021年08月04日

夏季休暇のお知らせ


毎度ありがとうございます。

誠に勝手ながら、今年の夏季休暇は

メガネ部・コンタクトレンズ部ともに

8月8日(日)・9日(月)・10日(火)を
臨時休業とさせていただきます。

11日(水)以降も緊急事態宣言発令に伴い当面の間、
営業時間を11時〜19時に変更させていただきます。

何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
posted by カナイメガネ at 12:01| 新着情報

2021年07月27日

視力検査のハテナ



眼科や眼鏡屋での眼の検査の際に

どちらが見えやすいですか?

とよく聞かれますよね。

一体何を聞いているのだろうと思いますよね。

17189D0B-A35B-4F01-AA35-955955D63197.jpeg

これは
レッドグリーンテストといいまして、
メガネのレンズの度数が強すぎていないか、
弱すぎていないかの検査です!



これは「目の色収差」という
光の屈折の波長を利用して調べています。

光の中に含まれる色で
は波長が長く屈折する力が弱いので奥の方で焦点を結びます。
は波長が短く屈折する力が強いので前のほうで焦点を結びます。

ヒトの目はの中間の黄色にピントをあわせようとします。


正視の方だと緑も赤も
同じ濃さで見えるので、
「変わらない」「同じくらい」といった返答になります。

954D76E2-80FC-406C-9EAB-31665C848F39.jpeg


近視の方で
緑の方がはっきり見える場合は度数が強い状態(過矯正)
見えすぎている状態のため
一日中かけていると目が疲れやすくなってしまいます。

赤の方がはっきりの場合は度数が足りない状態(低矯正)です。
明らかに赤がはっきりの場合は
度数を強くする必要があるかも知れません。

なので、
同じくらいか、赤が少しはっきりの方が疲れにくい度数となります。

↓近視の方のイメージです。赤の方が見える状態
FCEF134F-C817-46F6-ADD3-1BD7E89C43BB.jpeg


遠視の方は
近視の方と逆で、
緑がはっきり見える場合は度数が弱い(低矯正)の状態です。
赤がはっきり見える場合は度数が強い状態になっています。

↓遠視の方のイメージです。緑の方が見える状態
F0FED2E3-029C-46C6-88FB-7406BFAF72A9.jpeg


この検査をすることで
お客様により最適な度数をご提案することができます!


目的がわかれば答えやすくなるかも知れませんね。



お使いのメガネで見え方に不安がある方、
免許の更新が近い方等々お気軽にご相談下さい!

ご来店お待ちしております。

posted by カナイメガネ at 18:00| 新着情報

2021年07月20日

ルーペのご紹介


カナイメガネは
メガネだけではなく、ルーペ(拡大鏡)
も販売しております!



「ルーペと老眼鏡とはどう違うの?」
と尋ねられたことがありますが

老眼鏡(近用メガネ)は
30cm〜40cm先の文字がはっきり見えるようにするもの、

ルーペは文字そのものを拡大して大きく見せるというものです。

ハ〇キルーペを老眼鏡又は、なんでも見えるメガネと
勘違いされているお客様がいらっしゃいます、、、


C909AAB0-D355-42D1-9D85-BC5C59711F49.jpeg


老眼鏡(近用メガネ)で
近くのものがはっきりと見えるようになっても、
とても細かい文字は見えづらいという方もいらっしゃいます。

そのような場合はルーペを併用し文字を拡大させることで、
楽に見ることができます。


ルーペにも様々な大きさ・倍率がありますが、使用目的に応じて
選ぶことが大切です。
例えば、新聞などの字を見たい場合には2〜3倍程度の低倍率で
レンズが大きいものが適しています。

B758F114-1BDB-448B-BF46-68DF6E83DE46.jpeg



低倍率のルーペは見たいものにかざして両目で見ながら焦点を合わせて
いくものですが、高倍率のルーペは目とルーペ、ルーペと見たいものを
かなり近づけないと焦点が合わないため、片目で狭い範囲しか見る事が
できません。
なので、新聞・辞書などの細かい文字を見るには、目から離しても使える
2〜3倍が見やすいです!

10C96D6B-420A-4A3A-8DC3-C1C8815B2E5D.jpeg


他にも持ち運びにも便利な、ケースからスライドさせて使うことができます!

D32DAD0D-D16C-4CA2-BE6B-8C4B1AB734B6.jpeg

高倍率でガラスでできていますので、置きながらお使い頂き
ペーパーウェイトとしてもお使い頂けます!


カナイメガネでは様々な倍率、形のルーペをご用意しております。
自宅で使いたい、外出用に小さいものが欲しい等、
ぜひご相談ください!

ご来店お待ちしております。

posted by カナイメガネ at 18:00| 新着情報