2017年03月02日

レンズと熱


寒い時期、エアコンに石油ヒーターなど、暖房器具は欠かせない!
という方が多いかと思います。

温か〜い暖房器具…から出てくる“熱”は、メガネにとっては大敵です。

メガネレンズはプラスチックとガラスの2種類があり、最近は
プラスチックが主流ですが、もちろんガラスレンズも根強い人気があります。

プラスチックの長所はなんといっても、割れにくく軽いことです。
カラーもバリエーションが多くあり、良いことずくめ…!?
ですが、ガラスと比べてしまうと柔らかいためやキズが付きやすく、
「熱に弱い」のです。

プラスチックのレンズ基材と反射防止などの様々な表面処理との
熱の膨張率の違いにより、サウナや夏季の車内、また暖房器具など
60℃以上の高温にさらされることで、レンズ本体が膨張し
表面のコートに亀裂が入ります。
見え方としては、ぼやけてしまいとても見えにくくなってしまいます。

↓普通の見え方
20170302_150109.jpg

↓熱によりコーティングに亀裂が入った見え方
20170302_150122.jpg

表面のコート剥がれや、亀裂はもとに戻すことはできませんので
新しくレンズをお求めいただく以外に元の見え方に戻す方法はありません。

扱い方、手入れ次第でメガネは長くお使いいただけます。
メガネの取り扱い説明書もございますので、ぜひお立ち寄りください。

posted by カナイメガネ at 15:48| こだわり

2016年04月22日

レンズのお手入れ


メガネを掛けていると、砂や埃がついたり、いつの間にか触ってしまい
指紋がついて、気になる・見えにくくなるときはございませんか?

今主流となっているプラスチックレンズは、軽くて割れにくいという
長所の反面、ガラスと比べると素材が柔らかいため、キズに強い
表面処理がしてあるレンズでも、レンズの拭き方次第でキズが付くことが
あります。

レンズの拭きでキズをつけてしまう原因は「乾拭き」です。
細かい粒子などがレンズに付いたまま、汚れを落とそうと強くレンズ拭きで
拭いてしまうと、レンズに粒子を押し付けてしまうため、キズをつける
原因になります。

レンズは水(またはぬるま湯)でよく洗い、ティッシュペーパーなどで
水気をとり、きれいなレンズ拭きで拭くのが良いお手入れの仕方です。
油汚れなど水だけでは落ちない場合は、台所にある中性洗剤を薄めた液で
洗い、水でよく洗剤を流して同様に拭いてください。

石鹸やハンドソープなどのアルカリ系の洗剤はレンズの表面を傷める
ため、使用しないように注意してください。

DSC_0259.JPG

ほとんどの眼鏡店ではメガネをお買い上げの方にお手入れの仕方などが
載っている冊子をお付けしていると思います。
ぜひ参考にしていただき、快適なメガネライフを送りましょう♪

posted by カナイメガネ at 15:00| こだわり

2016年04月15日

メガネのお掃除

皆さまのメガネのお具合、いかがですか?

毎日メガネを掛けている方も、必要なときにだけ掛ける方も
掛けはずしをしているとツル(テンプル)の部分のネジが緩くなったり、
時にはレンズを留めていたネジが外れてしまったり・・・

もちろんご自身でネジが緩んでしまったら締め直す方もいらっしゃいますが、
またすぐに緩んでしまう、ということはございませんか?

それはメガネの掛けはずし、ツルの開閉によってネジが汚れを噛んでいく
ことがネジの緩みの原因です。

カナイメガネでは、調整でご来店いただいた方のネジの緩みだけを
締めなおすのではなく、一度ネジやツルを取り外して超音波洗浄機で
洗浄、汚れを落とします。
また、何回も緩んでしまうという方には専用の接着剤でネジを
固定することも。

長く、安心してメガネを掛けていただくために、丁寧で一人ひとりに
合った調整をいたします。

お気軽にご来店ください♪
posted by カナイメガネ at 15:26| こだわり

2015年05月29日

度つきサングラス

お客様から度つきサングラスに関するお問い合わせをいただきましたので、その内容と回答を公表させていただきます。
ご質問は「遠近両用のサングラスを作る人はいますか?」というもの。
カナイメガネの回答は「いらっしゃいます。ただし、あまり濃い色では作りません。」

なぜ濃い色で作らないかというと・・・
通常、サングラス用のカラーというと↓これぐらいの濃さになります。アリアーテSGカラーDSC_0825.JPG
遠近両用のレンズはレンズ上部が「遠くを見る度数」レンズ下部が「近くを見る度数」になっていますので、アウトドアで使用するとしても、あまり色が濃いと近くの文字が見えにくくなります。
なので↓これくらいの濃度の低いカラーでお作りいただくか、アリアーテカラーDSC_0826.JPG
濃い色で染めるとしても、グラデーション(ぼかし染め)にして「近くを見る度数」の部分は透明にする事をお勧めします。

posted by カナイメガネ at 13:23| こだわり

2014年12月16日

レンズ設計の違い

レンズの設計についてのお話です。
近視・遠視・乱視の矯正に使う、専門用語でいうと「単焦点レンズ」には球面設計・非球面設計・両面非球面設計の3種類があります。
百聞は一見に如かず。写真でそれぞれをご覧にいれます。
レンズ球面DSC_0647.JPG
↑これが球面設計レンズの見え方です。レンズ越しに見る方眼紙は実は真四角なのですが、球面レンズ越しに見ると、上下左右の線が大幅に反って見えます。
レンズ非球面DSC_0648.JPG
↑次にこれが非球面設計レンズの見え方です。球面レンズに比べ、だいぶ線のユガミが少なくなっています。
レンズ両面非球面DSC_0649.JPG
↑最後に両面非球面レンズです。ほとんど周辺部のユガミがなくなります。
このように一口に「レンズ」と言っても、その設計でこれだけ見え方に違いが出てくるのです。


posted by カナイメガネ at 16:13| こだわり